団信ってなに?

団信とは、団体信用生命保険の通称です。

団体信用生命保険は住宅ローンを利用する方のために整備されている生命保険のことです。

住宅ローンは高額であり、数十年という長期間にわたる返済契約を結ぶのが一般的です。

そのため、ローン返済期間中に借入主本人に万が一のことが起こる可能性もあります。

借入主は世帯主で一家の生活を支えている大黒柱であることがほとんどです。

その大黒柱に万が一のことが起こり、多額の住宅ローンが残されたら、遺族はローンの返済ができなくなりマイホームを手放さなくてはいけなくなるかもしれません。

団体信用生命保険(団信)は、借り主が住宅ローンの返済途中で死亡したり、高度な障害を被ったときに、本人に代わって住宅ローンの残高を支払ってくれる保険制度です。

個人個人が申し込むのではなく、ローン元の金融機関がまとめて申請しますので、掛け金も保証の大きさからすると定額で、加入年齢で保険料がかわることもありません。

民間の金融機関では、団信への加入が住宅ローン借入の条件にしているところがほとんどです。

保険料は銀行側が負担しますが、団信は生命保険ですから健康な方でなければ加入することができません。

健康な状態でないと、住宅ローンの借入ができないということになります。

持病などで生命保険の加入が難しい場合フラット35なら団信への加入が任意となってます。

一部の民間金融機関でも加入が任意になっている場合があります。