公定歩合とは?

外国為替に関係したFX取引などを行うと、外国為替に関するいろいろな用語が登場します。

「公定歩合」も外国為替市場には良く登場する言葉の一つで、日本の銀行界における中心的な存在の日本銀行が決定している基準金利のことを「公定歩合」と呼んでいます。

公定歩合は日本銀行が他の銀行へ貸し出しを行なう際に使われている金利のことで、公定歩合を調整する事で国内に流通する通貨の量を調整する事ができるなど、いろいろなメリットがあるといわれています。

公定歩合は頻繁に変更されるものではありません。

日本銀行が公定歩合を変更するには経済的に大きな理由がある場合が一般的で、国の金融政策の手段の一つとして利用されることがほとんどのようです。

公定歩合は以前では金融政策の基本的な姿勢を表すための役割もしていたようです。

しかし、1994年に金利が自由化されたために公定歩合と他の銀行に預貯金をした場合の預貯金金利とは連動する事がなくなったため、現在では、短期市場金利を安定させるために利用されることの方が多いようです。

いろいろな機能や働きをする公定歩合ですが、実は2006年に「公定歩合」という呼び方が変更されたことはご存知ですか?まだまだ「公定歩合」が定着していますが、現在では「公定歩合」ではなく「基準割引率および基準貸付利率」という名称が正式な名称となったようです。

この名称変更の裏には2001年に導入された補完貸付制度の存在があるといわれているようです。