MOSって何?

MOSとは「マイクロソフト・オフィス・スペシャリストマスター」の略称で、Microsoft Office製品のアプリケーションソフトを総合的に使いこなせることを証明する資格です。

この資格を取得するためには、Microsoft Officeの「同一バージョン」=Office XP、Office 2003、Office 2007で、必須3科目と選択1科目の計4科目に合格しなければなりません。

主にWordやExcel、PowerPointなどの知識が必要になります。

MOSを取得すると、複数のアプリケーションを効果的に使えるスキル・知識が身につくため、仕事や作業の効率アップが期待できます。

また、PCに関する高いスキルを客観的に証明する資格としても知られていますから、就職活動に際しては非常に大きな効力を発揮します。

MOSを取得するための学習方法としては、対策教材を購入するなどして「独学」で取り組むやり方と、学校やパソコンスクールで「対策講座を受講」して学習する方法が挙げられます。

いずれの場合も、MOSの試験範囲の内容を網羅している教材としてマイクロソフトが審査・認定した各種の対策教材(公認コースウェア)が発売されていますから、通常はそのテキストに沿って学習を進めることになるでしょう。

MOSの受験方法には、「全国一斉試験」と「随時試験」の2種類が存在します。

それぞれ申込方法は異なりますが、試験内容、合格認定証の基準は全く同じです。

自身の都合に合う受験方法を選べば問題ありません。

受験資格は特に設けられておらず、年齢・国籍を問わず誰でも受験可能です。