葉酸サプリの効果って?

葉酸はビタミンの一種で、水溶性のビタミンB群に分類されます。

葉酸は、人間の遺伝物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠であり、赤血球の合成も担う重要物質です。

葉酸の不足は、貧血(巨赤芽球性貧血=DNAの合成障害が原因で起こる貧血)や、口内炎、食欲不振、舌炎、下痢などの症状をもたらすといわれています。

葉酸は血液と関係の深い物質で、他のビタミンB群(特にビタミンB12)と一緒に摂ることでより効果を発揮するといわれています。

サプリメントなどで葉酸を補うと、アミノ酸の合成やたんぱく質生成の促進作用、皮膚の粘膜の強化、口内粘膜の強化、抵抗力の向上などの効果が得られると考えられています。

特に葉酸が重要なケースとしては妊婦が挙げられます。

特に、妊娠初期(4週~12週)については胎児の細胞分裂が盛んであるため、この時期に葉酸が不足すると胎児が神経障害を発症するリスクが高まるといわれています。

一方で、過剰摂取による影響はほとんど無く、水溶性のビタミンなので過剰分は腎臓から尿の中に排出されます。

ある研究によると、ビタミンB群を多量に摂ることで女性の心臓発作の危険性が半減するという報告がなされています。

中でも重要だと考えられるのがビタミンB6や葉酸で、血中のアミノ酸ホモシステイン濃度を下げ、血管の流れを妨げないようにする働きが大きく貢献したと推測されています。

ただし、喫煙やアルコール類の多量摂取で葉酸が破壊されてしまうケースもあるので、生活習慣にはご注意を。